Reveal.jsを使おうとしてweb-mode入れたけどmarkdownの方がいいかもしれない

Keynoteを使ってフォントサイズや色などをチマチマ変更する作業が非常に面倒なことが最近あって,Reveal.jsで怠けてスライド作りをしたいという気分になった.


噂ではmarkdown使ってかっこ良く使えるらしいが,markdown覚えられない古の世代の人間なので,とりあえずhtmlの環境を作ることに.


Reveal.jsをダウンロードしてきたらそれでおkなので,htmlファイル編集の方が大変.emacsでhtml編集に関してググっていたらweb-modeがいいらしいので,インストールした.インストールはemacs側で簡単にM-x package-refresh-contentsを一応してからM-x package-install web-modeして初期設定を入れるだけ.

(require 'web-mode)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.phtml\\'" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.tpl\\.php\\'" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.[gj]sp\\'" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.as[cp]x\\'" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.erb\\'" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.mustache\\'" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.djhtml\\'" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.html?\\'" . web-mode))
(setq web-mode-engines-alist
'(("php"    . "\\.phtml\\'")
  ("blade"  . "\\.blade\\.")))

こうやってコピーしてきて,初期設定なのか自分のemacs設定の問題なのか,インデントが大きすぎてクソゴミ状態だったのでこちらのサイト様を見て直す.インデントの設定,未だによくわかっていない.


とりあえず使えるようになった気分.数式を使うためにMathJaxの設定も入れた.入れる場所はOfficialのReveal.jsをダウンロードして来た場合,index.htmlの一番下にある部分(たぶんどこでもいいけど,Reveal.jsの本体をいじってもここに書いた設定が後から上書きされている用に見えた).

// LaTeX
    math: {
     mathjax: 'http://cdn.mathjax.org/mathjax/latest/MathJax.js',
     config: 'TeX-AMS_HTML-full'  // See http://docs.mathjax.org/en/latest/config-files.html
    },



後でこの辺り読む予定


ただ僕はかっこいいプレゼンがしたいわけではなく,手抜きしてそれなりのを作りたいだけなんだけども.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です