Parabola Journal

最近買ってる(最新刊を追っている)ライトノベルまとめ



なるほど,どこにお金消えているか分かった.しかしそろそろ,個人的には,手に負えなくなっている.リストは以下のとおり.どうもMF文庫J(1巻冒頭でヒロインが裸になるシーンばかりを生成するラノベ群)に毒されているように見える.

  • ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件
  • 落第騎士の英雄譚
  • 彼女がフラグをおられたら
  • 盟約のリヴァイアサン
  • 魔弾の王と戦姫
  • アブソリュート・デュオ
  • ノーゲーム・ノーライフ
  • 学戦都市アスタリスク
  • 精霊使いの剣舞
  • 蒼柩のラピスラズリ
  • 銃皇無尽のファフニール
  • 最弱無敗の神装機竜
  • 銀糸の魔法式
  • クロックワーク・プラネット
  • さまよう神姫の剣使徒
  • 冴えない彼女の育てかた
  • スカイ・ワールド
  • 聖剣使いの禁呪詠唱
  • ぼくのゆうしゃ
  • 勇者リンの伝説
  • 俺、ツインテールになります。

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 1 (ファミ通文庫)
KADOKAWA / エンターブレイン (2013-04-15)
売り上げランキング: 3,912

言わずと知れた文学少女シリーズを書いた野村美月さんの著作.文学少女シリーズほど暗い話ではないので頭空っぽにして読んでもニコニコ笑っていられる.これが文章を書く実力か.



現在アニメ放送中のがをられシリーズ原作.今のところアニメでどこまでやるかはわからないけどたぶん6巻までだと思う.もうすぐ8巻が出る.同著者の東京皇帝☆北条恋歌(全13巻完結)やここから脱出たければ恋しあえっ(全4巻完結)よりも個人的には読みやすいとは思うけど,地の文にかなり癖があるのでそれが許容できない人は近寄らない方が良い.がをがを〜


盟約のリヴァイアサン 1 (コミックアライブ)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2014-05-23)

特にコメントないんだけど普通におもしろい.舞台は近未来日本だけど,今の日本とは分岐している世界で,竜族が実は現代まで生きていたら,という若干中ニ設定なのが問題か.ヒロインがみんなかわいい&修羅場にならないという面白い特徴がある.1巻表紙の娘(アーニャ)のがっかりヒロイン度が巻を進む毎に指数関数的に上昇していく.僕は好きです.

魔弾の王と戦姫 (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-09-01)
売り上げランキング: 670

主人公がどんどんヒロインを落としていく典型的MF文庫Jラノベといえばいいか,個人的に面白いのはヒロインが強いっていうところ.主人公におんぶで抱っこでないのは,戦闘描写など見ていても面白い.原作ではそろそろハーレム完成しそうだけど,どこに向かっているのだろうか.

アブソリュート・デュオ: 1 (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-11-02)
売り上げランキング: 6,880

特にコメントがないMF文庫Jのラノベというと上とコメントが被るのであれだけど,面白くて買っている.戦闘描写などは全無視するとして,メインヒロイン(1巻表紙)の娘がむちゃくちゃかわいいのでそれでいいです.あ,MF文庫Jだ….話がどこに向かうのか不明なので無限に伸ばせそう.というか話進んでない.

ノーゲーム・ノーライフ 1 (コミックアライブ)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2014-02-20)

現在アニメ放送中のノーゲーム・ノーライフ原作.アニメは原作挿絵や表紙の凄い不思議な色彩空間を上手く再現しているので,それなりに楽しいできになっていると感じている.原作の方が,ネタバレになるかもしれないのでそんなに書けないけど,アニメ2話のじゃんけんや3-4話のチェスが面白く感じられた場合は2巻以降を読んでいっても面白いと思う.噂では最近でた巻の評判が凄くいいのだけど,まだKindle化されていない.著者の奥さんがメインで描いている(っぽい)コミカライズ版の質もむちゃくちゃ高い.

学戦都市アスタリスク: 1 (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-11-30)
売り上げランキング: 2,862

引き続きMF文庫J(もうダメだ).学戦都市アスタリスクの最大の長所は,王道王道アンド王道といえるストーリー展開,キャラクター配置だろう.というかいわゆるボーイ・ミーツ・ガールだな.戦闘描写は割りと評価が高いように感じるけど,個人的に評価が高いのは,こんなに王道でキャラクターの配置もクソ王道配置パラメータ振りしているのにもかかわらず,皆魅力的なヒロインに見えることだろうか.5巻がまだKindleにきてないのであれですが,5巻でストーリー上の1つの到達点である学内戦終了までいくようです.

精霊使いの剣舞 (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-09-01)
売り上げランキング: 4,245

MF文庫J…あっ(察し)を地でいくライトノベル.夏クールでアニメ化されるそうです(参考: http://www.bladedance.tv).案の定MF文庫Jなので,1巻の最初からメインヒロインのクレアルージュ(1巻表紙)が脱いでるんだけど,アニメのCVはKIDOCHANなので期待しよう.それはともかくとして,原作はすでに13巻が出ていてシリーズ第3Part目に突入している感じの長い作品.なんだろう・・・普通に典型的なMF文庫J作品です.


蒼柩のラピスラズリ: 1 (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-11-02)
売り上げランキング: 2,529

著者・挿絵はまよチキ!を書いたコンビがそのまま.さくら荘といい,そういうキャスティング流行っているのだろうか?それはともかく,ストーリーは魔女が残した遺産(ウィッチクラフト)を中心とした物語展開で,基本的に文章の質はまよチキ!と同等なので(何度か頭痛くなってそっ閉じした),学園モノが好きならまよチキ!の1巻,そうでもなければ本作の1巻を読んでおもしろいと思える人だけ向けだろうか.僕は全部買ってます(半ギレ


正直に言おう,ジャケ買いした.話は世界各地に存在するドラゴン v.s. 特殊機関で教育された少年(例外)少女との戦いを描くハートフルラブコメ型ファンタジー.絵はかわいいですが,若干キャラ的にうざい女の子が僕の感覚では出てくる.主人公の妹がかわいくなかったら続き買ってないです(半ギレ

銀糸の魔法式1 魔法使いの実習生 (講談社ラノベ文庫)
講談社 (2013-01-15)
売り上げランキング: 33,986

魔女ものという意味では上の蒼柩のラピスラズリと似ているが,若干設定が違うか.典型的な現代ファンタジーだけど(メインヒロインの女の子(1巻表紙)が主人公の家に転がり込む,あのパターン),意外と面白いことに3巻ではヨーロッパまで行っちゃう.今のところ話の終わりがまったく見えないのと,続き出るのかどうかよく分からないのが怖いところか.ただいわゆる露骨なハーレム路線(MF文庫J式)では今のところないので,メインヒロインは凄く可愛く描かれている.他のキャラ?知らん.

クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)
講談社 (2013-05-17)
売り上げランキング: 7,102

上のノーゲーム・ノーライフの著者が絡んでいる作品.ある日地球が寿命を迎えてしまったという設定に乗っかって,それを全て歯車機構で再現したというクロックワーク・プラネットが舞台.物語展開が(まだ1,2巻しか出ていないので将来は分からないけど)面白いことに加えて,出てくる自動人形2人のデザインや性格付けは凄く面白くて魅力的.ペロペロしたい.ところでこの作品のメインヒロインってリューズ(1巻表紙)なんだろうか.マリーとはなんだったのか.

さまよう神姫の剣使徒 (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA / 富士見書房 (2013-08-21)
売り上げランキング: 10,335

スクランブル・ウィザード(全7巻)で知られるすえばしけん氏の富士見書房作品.神様みたいな女の子と,その使いっ走りの男,そして男の子に好意を抱く女の子の間で繰り広げられる三角関係ラブストーリー.嘘です.実際は神様みたいな女の子とその付き人である男の子を中心に繰り広げられるファンタジーもので,面白いところはその緻密な表現だろうか.P3のタルタロスよろしく,ガンガンダンジョンに潜っていく二人だけど,これからどうなっていくのか一番注目していると過言でもない.3巻オナシャス.


冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA / 富士見書房 (2012-09-07)
売り上げランキング: 612

ノーコメント

スカイ・ワールド: 〔#01〕 (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA / 富士見書房 (2012-09-07)
売り上げランキング: 3,405

SAOに代表されるVRMMO関係で,舞台は1層から7層(8もあったっけ?)に分かれて配置されている浮遊島群が舞台.1巻は特に,まったく,面白くないのだけど,1巻から7巻まで徐々にパーティが成長しつつ,また当然のことではあるけど男女の関係を育みつつ(意味深),徐々にストーリーを攻略している感じがなかなかハマる.1から75ぐらいまですっ飛ばしたSAOとは別という感じか.キャラクターのことを知るために少しぐらいオンラインのRPGゲームの経験があるとよりおもしろかもしれないけど,基本的に全部主人公がドヤ顔しながらメインヒロイン(の1人?)に語るのを読んでいるとなんとなく詳しくなった気分になってくる.今後の展開に注目している.

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>: 1 (GA文庫)
SBクリエイティブ株式会社 (2013-02-14)
売り上げランキング: 1,667

典型的なオレツエー系小説.こんなに上手くオレツエー系を描写したのは僕は読んだことがない,と言ってしまいたくなるぐらい主人公が強いという面白い作品.作品中何度も言及れていた強い人たちなんて,主人公の手にかかればへっちゃら.しかし明らかにハーレム方向に進んでいるのが気がかりか.


ぼくのゆうしゃ (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA / 富士見書房 (2013-10-23)
売り上げランキング: 9,572

前まで同レーベルで「生徒会の一存」シリーズを連載していた葵せきな氏の新シリーズ.僕は個人的に葵せきな氏のシリーズを追っかけしていて,その生徒会の一存シリーズだけではなく,その前作のマテリアルゴーストも読んでいるので,それらと比べても今作は面白いストーリー展開がされていると感じる.設定上極端なキャラ作りが行われているけど,それを利用して上手くミスリーディングを誘っているか(特に4巻).



上のぼくはゆうしゃと似たようんシリーズで同レーベル(富士見ファンタジア文庫)の作品.作品の構造としてはハルヒよろしく,思いつきばかりで行動する主人公(1巻表紙,リン)を中心としてその周辺の人間(時には魔物)との交流を目指す作品.かわいい.




な,なんて頭がおかしいライトノベルなんだ(褒め言葉)!ツインテールパワーが溜まってくる気がする…

Parabola Journal

そこまで熱心に料理をしているわけでもないが

 
時々,時間とやる気が有り余っている時,笠原将弘さんのレシピ本を参考にして作っている.レシピや食べ物に対する著者の語りが面白い.

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)
主婦の友社 (2012-01-01)
売り上げランキング: 673

笠原将弘の白いごはんに合うおかず
主婦の友社 (2014-01-10)
売り上げランキング: 101