Parabola Journal

UbuntuでC++のソースをgoogle-perftoolsでプロファイリングする準備

 

参考リンク


基本的にはこのあたりを見てインストールしたら使える.ただし,今のUbuntuでインストールするとコマンドはpprof?ではなくgoogle-pprofで入った.リンクはる必要があるかもしれない.


補足


Ubuntuではaptitude install google-perftoolsでインストール可能.ただし,シンボリックリンクが上手く作られない?という現象があったので,必要だった場合は/usr/lib直下にリンクを作ってあげる.コンパイルするときに,見つけられるように.

# ln -s /usr/lib/libprofiler.so.0.1.0 /usr/lib/libprofiler.so

google-perftoolsの吐き出すcall graphは,GNU gprofが吐き出すもの(参考: 最適化の近道 プロファイラgprofのコールグラフを画像化して、コードのどこがボトルネックかをわかりやすくする – braintagなどから簡単に作れる)よりも,boost関係ものがうまく表示される傾向にある様子.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です