こちらに渡ってきて1ヶ月ちょっと


(前回までのあらすじ)いろいろあってドイツにいます.

ドイツに渡ってきてから1ヶ月ちょっとが経ちました.最初の1ヶ月はいろいろやらなければならないことが多かったことと,生活に慣れていなかったため,なぜか長時間起きるのが難しいという生活をしていました.なぜかKindle storeで森博嗣の本を読んだり(前に書いた記事のあと,四季春-冬まで4冊追加),みなみけの1-9(Kindle storeで手に入る分)を読むなどしたり,ネットって便利ですね.
最近ではようやく日本にいたときのように遅くまで起床していられるようになりましたが,まだ日付を超えるのはちょっと辛いですね.これからきっと堕落していくのだろうなぁとワクワクします.起きていない分,多く寝るようになっただけなのですけどね(早起きとかではなかった.)

基本的にだいたい研究所にいます(9時-18時ぐらい).生活が健康的過ぎていいですが,少し研究に悩んでテンションが落ちてきました.しかしそのうち上向きになってくるだろうと信じてやっていくしかないですね….周りの人たちがドイツ語を話しているとまったくわからないのですが,ドイツ語だということはかろうじてわかります(代名詞や前置詞だけ聞き取れる場合があるので).まぁしかし,いい経験になるのでしょう.修士課程の頃に,年間50本ぐらい論文読めたらいいなぁと思っていましたが,こちらに来てそれなりに読んだり考えたりするようになったので,今年こそはこれを達成できるのではないかと期待しております.こちらにはMacbook AirとMac miniを持ってきたのですが,部屋にディスプレイ買うのが面倒過ぎて結局Macbook Air+外付けキーボードでの生活になっています.そもそも家に安定した回線がないですし,あまり使う用事がないのでもしかして不要かもしれません.今のところPCを使うのは痛い痛い学振の書類を書く準備をするためだけです.その代わりにボールペンがもう書けなくなりそうですが.

こちらに来る前の半年間,つまり博士課程の学生に立場が変わってからの半年間であまり研究らしい研究が進まなかったのが痛いです.環境が変わってまた少しずつ研究が進むようになったり,もっと根本的なところを言うとモチベーションが高く維持されることを期待したいと思います.その半年間,もちろん遊んでいたわけではまったくないのですが,結局論文まで到達できなかったなぁという感じで,非常に残念ですね.また博士課程にいる間にそのフラグを回収したいと思いますが,果たして.

現実的な話では,こちらに来て大分お金が減りました.一番大きな出費だったのは自転車でしょう.実際にいくら使ったかどうかはまだ計上中ですが…,今月だけで1000ユーロ以上2000ユーロ未満というところでしょう.食費などの物価の差を考えるとそんなもんだろうか…と納得しないとやっていけません..果たして日本に帰るときどうするつもりなのか少し謎ですが,こちらでは自転車を公共交通機関等に乗せることができるので,もう少しあたたかくなってきたら観光に連れ出してあげたいと思います.もう4月になって日はだいぶ長くなったのですが,まだまだ寒いですね.
diary_0405_photo_01

そういえばこちらの人はよくコーヒーを飲むなと思います.研究所にも高級そうなカフェマシンが置かれています(ただのコーヒーメイカーではなく,なんかボタン押したら出てくる奴(ひどい語彙)).電気屋さんい行ってもかなりコーヒーメイカー等の機械が売られていますね.僕もおうちに買いました.しかし早起き出来なくて休日の日以外あまり活用されている雰囲気がありません.
diary_0405_photo_02

さて,だいぶ生活が安定してきましたから,もう少し,英語とドイツ語を勉強しようと思います.また来月,真面目な日記を書きます.実り多き滞在にするよう頑張りましょう.ところでVISAはいつ発行して貰えるのかな(# ゚Д゚)??????

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です