[研究室]いろいろと学会などが重なっている.

この時期は教員も講義がないため,いろいろと学会,研究会があるという印象.印象というか実際そうだと思う.まず3月3日から5日までDEIM 2012(第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム)があり,次に情報処理学会の全国大会が3月6日から8日まで開催される.そして電子情報通信学会の総合大会が3月20日から23日で,それぞれ神戸,名古屋,岡山で開催されるようだ.

deim2012
情報処理学会 第74回全国大会
電子情報通信学会大会

こういうところのプログラムや予稿を見てみると,だいたいどんな感じの研究を今の学生たちがしているのかな?というのが分かるかもしれない.ただ,うちの研究室はこれらの大きい大会とはあまり縁がないため,予稿を読むほど関係がないかもしれない….どちらかといえば人工知能学会の方が関係があるが,それはもう少し先の話.

このように教員は普段講義を抱えている場合がほとんどなので(特に教授と准教授),学会などは固めざるを得ないのだろう.こういう傾向はおそらく日本だけではなく,海外もそうなのではないかと推測している.いずれにしても,研究を話す機会や,いろんな人たちと議論する機会というものには敏感になっておきたいものだと思う.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です