[研究室]無事大学に戻ってきて(過去形).

土日連続で休んで久しぶりの大学.久しぶりって感覚は本当はおかしいのだろうけど…,ただだいぶ家の環境が整備されたので,家で長時間作業もできるようになってきている気がする.強いて言えばいいモニタと椅子がほしいが…(座椅子でも可能).大学に出ないで何をしていたかというと,金曜夜から大阪に出て友人と飲み,土日東京へ行き,月曜の朝に京都に戻ってきたのだった.あまり休んでないと突っ込まれたが….夜中,高速バスで寝ていたら京都に着いたことに気づかず梅田まで行ってしまったので,御堂筋線で淀屋橋まで戻り,仕方なく淀屋橋から京阪で京都に戻ってきたのだった.そのあと結局二度寝していたのだけども,一応大学に出たのは午前中だった.

午後に先輩に見てもらっていた原稿を返してもらい,いろいろとアドバイスをもらう.このあたりは本を読めばちゃんと分かるのかもしれないけど,なかなかノリで英語を書いてしまっているので,直接口で伝えてもらって幸せになれる.それにしても一応最低限の英語を書けるようになったらしいので,次はアカデミックライティングの技術が必要になるのかもしれな.プログラムも少し続きを書いていたけども,まだ完成は遠い.いろいろと大丈夫かと思うが,割りと見切り発車は大事じゃないかと思うようになってきた.予測して外しても特にペナルティはない(ようだし…).

夜は修士の先輩方が発表練習していたので時計係として座って見ていた.自分のスライドも全然丁寧な作りをしていないので,教員のツッコミを聞きながら自分も気を付けないと…と思って考えながら見ていた.割りと研究報告スライドの構成はわかってきたような気もするが,こういうのは大部分が経験なのかもしれない.2月の頭に後輩スライドも見ていたけども,結局デザイン性のどうこうはあるとしても,慣れの部分も大きいなぁと感じた.先輩方の公聴会も近いので,頑張って朝起きて見に行くつもりであるが,果たして….

少しだけ日曜日のことを話しておくと,僕は比較的雑食というか,あまり見慣れないものを平気で口に入れてしまう質らしい.これは簡単に暗殺されてしまうと思う.東京では初めてくじらのたたきという謎の食べ物を食したのですが,まぁなんかあれだった.普通の味だった.



おいしいものたくさん食べられるととても嬉しいし幸せですが,そういう生活しているとついつい体重の方にフィードバックされてしまう.体重はあまり安定しない方なので(主に増加傾向があるけど…),ちゃんと節制しないとダメだなぁと実感する.それにしてもあまり疲れは残さなかったので,いい感じであった.国立天文台でテンションが上がっていたせいかな….



赤道儀素晴らしいね.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です