[日記]人生でいくつかあるかもしれない大きな分岐点

なぜかこの週末,東京にいます. 東京に引っ越してしまうお友達の車の助手席に乗って一緒に 東京に運ばれました.京都には日曜日の夜に高速バスで出発して月曜日の朝に帰ります.
彼とも長い付き合いになりましたが,関西から関東へ引越しするというのはやはり大きな分岐点となると思います.関東でも元気に頑張ってほしいですね,お酒に気をつけて.自分は自分で,大阪に行く理由がなくなってしまったのでますます京都に引き篭りになりそうですが…(運動不足注意)
果てさて,僕達はどちらも平成生まれなのです.そのため,ようやく23歳になった間柄なわけですが,長い付き合いをしているといろいろと人生で大きそうな分岐点がやってきますね.ふたりとも関西に出てきたのはもちろん偶然なわけですが,それでも長い付き合いができたことはとても嬉しい限りです.
その関係で彼女さんとも会いましたが,感じの良い方でしたね(感じの良い,というのは目下から使っていい言葉なのだろうか…?).今年も始まってまだ1ヶ月ちょっとですが,やはり年度末はいろいろとイベントがある時期なのでしょう,出会いも別れも平等にあるといいのですけど.

自分もこの時期,本来なら合説(企業の合同説明会)だー,やれES(エントリーシート)だー,プレエントリーだー,エントリーだt−という時期であるのですが,まったくもって就活から手を引いてしまったので,ある程度はそういう社会の喧騒から離れた生活になっています.
普段大学にいると「えーたきさん博士過程なのー(ぷーくすくす」とか「えー就活とか都市伝説だよねー」とか言って高度な遊び(?…)を嗜んでいますが,よくよく考えてみるとこれはこれで大きな分岐点でだいぶヤバイ方の道にカクンと折れて行ってると思うのですが…,果たして….自分の興味がある方向,自分のやりたいことができそうな環境を求めて,どんなにリスクが大きくてもそちらへ曲がっていく生き方が間違っていないと信じたいですね.

なんだかんだで夜になれば不安になり,うだうだとしている生活が続いていますが,それでも僕は頑張っていくしかないのでしょうね.そんなことを,自分の将来を考えていながら僕も23歳になりました.今年もがんばります.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です