研究室日記

[研究室]研究室での環境と周辺の整備と.

最近,ようやく研究室のiMacと自分の家でデスクトップのように使っているMacbookのOSをSnow leopardからLionにしました.あまり動かないアプリとかないので,それは大丈夫なのですが,MacportとXcodeあたりが少し心配.はじめから初期化してLionでセットアップして一から環境を整えたMBAとは違って,こっちの二つはもう少しちゃんと移行作業しないといけないかもしれない.家のMacbookはそれなりにかちゃかちゃぽーんして放置しておけば大丈夫なんだけど,大学のiMacだとProxyの関係でやりたい作業を阻害されることが多いので,だいぶ憂鬱な気持ちになっている.困った.後期がはじまる前になんとかしたいけど,もう研究室にそんなに長い時間滞在することがないかも.次戻ってくるのはいつだろうか.

研究室の机はなんとなく統一された感じのする普通のオフィスデスクだけど,オフィスデスクの規格はたしかJIS規格で決っているサイズしかないはず.なんとなく調べてみると

新JIS規格のデスクサイズは高さは700mm(70cm)、奥行きは600mm・700mm・800mm場合によっては1000mmまでと基本的には100mm単位で変化します。幅も800mm・900mm・1000mm・1100mm・1200mm・1400mm・1600mm・1800mm・2000mmと幅に関しても100mmづつ変化します。
参考URL: http://kagur.exblog.jp/8017531/

となっている様子.こうなるとあまりオフィスデスクに自由度は望めないので,iMacやら外付けディスプレイの位置を上手く調整することでしか対応できないのだよね.高さは本とか雑誌とか適当に挟めば対応できるけど,机の奥行は確かに難しい問題で,去年もlabの先輩がとても苦労していた.今年も苦労していたけど….眼が悪くなりそうなので,目薬を常備してもう少しディスプレイを後ろに下げたいかもしれない.個人的にかなりの健康ブームが来ているので,もう身体に悪いことはやりたくないです.そんなこと言っておきながら夜中になるとお酒飲んだり,おつまみmogmogしたりするので全然説得力がありませんが.

話は戻って.MacportsのLionの対応についてはこのあたりを参考にして作業しているけど,まだ結果が出ていない感じ.
MacPorts 2.0.0 が Lion 用にリリースされてます – Debian GNU/Linux 3.1 on PowerMac G4
ogakisoft: [OS X Lion] MacPorts

基本的にトラックバックが上手く機能していないので(僕のWordpressのせいだけど…),勝手にリンク使うだけになっています.ごめんなさい.リンクはBookmarkletで生成しているのでだいぶ楽になりました.

インターン参加周辺から微妙に立場の違う方々にメールを書くことが増えて,なんとなく恐縮しています.(普段,教授に対して適当に書き過ぎという説もある…).最近Tumblrによく流れてくるポストがメールの書き方を簡単に教えてくれるのだけど,自分の少しだけ年の上の方々(例えば20代後半から30代前半の人)に対して

(一部抜き出す)
・申し上げたいので→申し上げたく
・お互いに利益を共有することが難しい
・まずは、お礼かたがたご報告申し上げます
・まずは、受け取りの確認とお礼まで

こんな感じの固い日本語を使うのにとても違和感があるのはゆとりだからでしょうか.とても難しいです.どれぐらいの敬語というか,固い表現にすれば気分を害されないか,いつもびくびくしています.こういうこともちゃんと学んでおかなければならないなぁ,ということを感じました.なかなかすぐには直らないですけどね….ただ直らないのは直す気がそもそもないからだ,ということは常に言えると思いますので,とりあえず意識だけでも保つことにしようと思います.