Parabola Journal

[日記]移動中の適当なお話

論文のリジェクトと果敢に戦っていたら,いつの間にか夏休みが終わりそうな件について.それはさておき,前期が本当に終わりそうです.研究室の方も前期日程でのセミナーは今日の最後1回なんだけど,自分は列挙学校に参加するのでギリギリ参加できず.残念.
来年の自分のために残しておくと,この時期のM2は修了のために修士論文中間審査と戦うための準備をする時期になっている.中間審査に査読の先生を,指導教員である教授以外に2人付けるため,その調整が必要になる.うちの専攻は専攻全体で一斉に中間審査するという習慣が残念ながら存在しないため,各学生の中間審査のために教員同士で調整しなければならず,その準備や,そもそも中間審査に出せるのか見極めるためには夏休み最後のあたりで判断する必要がある.そのためうちの研究室もM2の先輩方が大事な時期になっているというのが現状.今日はそのためのM2発表セミナーなのだけど,やはり行けなくて残念.

前期が終わったといえば前期の成績表が,これまたタイミングが悪いことに今日の9:00以降受け取れるらしい.自分は新幹線で移動するため,その時間はもう大学に行けないので残念な感じに.列挙学校以降,どういうスケジュールかはともかく一度実家に戻り,10/2の10kmマラソンを走るので,いよいよ残念な感じで,前期の成績表が手に入るのは来週になってしまう様子.こういう残念な学生のために,成績表ぐらいはWebで確認できるようにしてもらいたい.そういえばうちの研究科は履修登録すら紙作業だった.後期は成績次第ではあまり履修せずに,研究に多く時間を費やす予定ではいるのだけども,はてさて.自分は国際コースにいる関係で,英語開講の単位をある一定数以上取らないとダメになっている.そのあたりが注目しなければならない点になるよね.

後期のためにそろそろ研究を開始したいのだけど,まだテーマも決まってない自分としてはなかなか大変なスタートアップをしている.研究のためには定期的なミーティングやら談笑やらが大切だと思うのだけど,そういえば研究室ではあまりそういうことをしないような,と思ったので後期はちゃんと頑張りたいですね.前期は講義を多めにとっているという大義名分がありましたが,後期は基本的にそんなものはありませんので.それにしても後期の後半からは就活やら,進学やら,また新たに進路のことを悩む必要があると思うと,本当に集中して研究だけを行える時間って,修士2年間のうちどれぐらいあるのだろう,と思った.下手いたら1年ないと思うんだけど,これって結構悲しいことですよね.修士2年,博士3年の分割コースは(正確には博士前期課程2年,博士後期課程3年,か…)そんなに悪くないとも思ったけど,こういう現実的なこと(就活やら)を考える必要があるので,うん,正直無駄な時間ばかりだと思った.でも無駄な時間を生み出すのは自分のせいでしょう?とすでに働いている同級生たちに言われるかもしれないね.自分はまだ学生の立場だけど,どんどん同級生と社会経験的なもので差がついていくような気がして,心臓に悪いね.そういうことは見てみぬふりをするのだけど….

研究室日記

[研究室]研究室でもくもくと作業をしていると.

身体を動かしたくなりますね.僕は定期的にジョギング出来る程度の生活をしていますので,なんとかなります.あと大学には自転車で通学していますので,それもわずかながら+になっていますかね.ついでにずっとパソコンに向かっていると,ついついAmazonで何かぽちってしまいますね.


フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
ジュミック今井
明日香出版社
売り上げランキング: 810

こんな感じのものを注文してしまいました.今は反省している.といってもそのうち買うかも,って感じで欲しいものリストに入れてだいぶ経過していたので,まぁ仕方ない.だいたいいつも欲しいものリストはいっぱいです.マグカップは勢いだけで買った.

今月の出費がヤバいので,本当は買い物できないですが,秘技クレジットカードでなんとかかわして生活しています.いや,ちょっとだけです.交通費です.明日から神奈川にある湘南国際村に行くのですが,そのための新幹線です.京都からだとだいたい10k程度ですが,学割だと安いですね.こういうのは後で返ってくるのでいいんです.今月はインターンの生活で使っていた交通費などもまだ入ってないですし,若手の会に出て現金がなくなっていたり,まぁいろいろと出費が重なっているだけだと信じています.いずれにしても生活があたふたあたふたしているので,また10月からは落ち着いて研究,プログラミング,英語学習など取り組んでいきたいです.

院生になってから月の奨学金が88kになっていますが,そのうち電気代と携帯のWiMAX分と機関保証という糞みたいな出費を差っ引くと,だいたい80kぐらいで僕は生活していることになります.本当はもう少し少ないですが.だいたいこの枠を越すことはないのですが,今月は余裕で越しそうですね.今月はTales of Xilliaを購入するなど,いろいろ暴挙に出ているので仕方ありません.と言いつつ先月も結構使っていましたので,二ヶ月連続で赤字っぽい雰囲気.まぁ1年間生活していたら,飲み会が集中するとか,どうしても娯楽的な出費が大きくなるときはあります.ある程度は仕方ないですね.でもこのペースだと冬を越せるのか心配です.まぁ越せるんですけど.

研究室日記

[研究室]研究室,怖い.と思うその前に

たまたま寝る前にはてなブックマークを見るという非常に良くないことをしていたら,こんなthe interviewsのインタビュと回答が上の方に上がっていたので寝惚けながらもチェックした.

院志望ですが、大学院でのアカハラ・パワハラは本当に存在しますか?具体的な内容を教えてください! – 高史明(たかふみあき)インタビュー

なるほど,これは恐しい話だなぁと思って一番下まで読んでびっくりしました.勝手にリンクしてごめんなさい.自分も大学院に所属している学生としては,こういうことを聞くような,聞かないような,でブラックブラック言って遊んでるわけだけど,本物のブラックはそんなちゃちな物じゃないということだ.

個人的にも同意できる部分が多いのであまり言うことないのだけど,研究室ではテーマを重視するのか,教員を重視するのかというのは結構難しい問題に思える.またその本人が研究をしたいのか,ただ卒業するために修士2年間で出ることが出来ればいいのか,というのも地味に大きな問題だと思っている.基本的に優秀な教員は人格もいいと思っているけど,世の中にはいろんなケースがあると思うので,自分のやりたいことと将来の進路やら,人生設計やらと相談して教員を探してみるのがいいのではなかろうか.僕はそんなことはしなかったけれど….この回答者さんも書いているけど

ということで、研究室を選ぶ際には、教授抜きの研究室訪問(教授に連絡する→学生を紹介してもらう→プライベートに連絡を取って学生室にお邪魔したり飲みに行ったりなど)して、十分に教授についての情報を集めておく方がいいです。
 失敗すると精神的痛手も大きいし、学生時に研究ができないと就職したり学振(という有給の研究員)になれず生活費も研究費もないのでさらに研究ができないという悪循環に陥ります。

基本的に大学院の研究室は普段もそれなりに開かれているはずなので,気になる教員や研究室があればまず見学に行くのがいいと思う.あと万が一失敗した,と思ったら素直に教員や事務?に相談して転研究室する,一度大学から距離を置く,など高速な逃げの一手を打つことで,そんなに負担にならないかもしれない.そのあたりは経験してないのでよく分からないけど….

自分はと言えば,今の研究室のテーマは気に入って取り組んでいるし,自由にさせて貰っている部分も多いので気に入る,入らないはともかく自分にとても合ってると思っている.やっぱり自分に合った教員や先輩の下で研究できるのはいいことだよね.

Parabola Journal

[日記]カレンダーやらToDoリストの整理やら.

なかなか読書が進まないのはエクシリアのせい.
あと研究とか心が折れたり,転がったり,復調気味だったり,いろいろな季節の変わり目.

その科学が成功を決める
リチャード・ワイズマン
文藝春秋
売り上げランキング: 10537

なんとなく読んでるんだけど,日本語がもの凄く読み辛いからこういう訳本は嫌いだ.一度読んだらやっぱり英語で読んだ方がいいんじゃないかと思うかもしれない….最近やること/やりたいこと/やらないといけないことの管理が適当になっているので,もう一度ちゃんと管理しようと思う.例えばこんな記事を読む.

締め切りから自由時間まで。6つのカレンダーで人生の時間を支配する | Lifehacking.jp

Lifehackはあんまり役に立たないと個人的には思うことも多いのだけど,気休めにする程度なら割と面白いと思う.カレンダー以外だとOmniFocusのタスクがいろいろ大変なことになっていたので,とりあえず修正しておいた.最近MacだとThunderbirdではなく,付属のMail.appを使うことが多くなってきたので(それでもメールはほとんどブラウザで書くが…),Mail.appとOmniFocusの連携をチェックしておいた.今いち,いつ機能が発動するのか分からないのだけど,とりあえず少しぐらいタスクを入れやすくなったと思う.OmniFocusについてはこんな感じのページを適当に参考にした.感謝.なかなか使いこなせないことも多いけど,いい感じで回ってるときはそれなりの力を発揮してくれる管理ソフトという認識になっている.

» OmniFocus で学ぶ、シンプルな GTD -Part5- Daily LOG
GTDとBlog小ネタ帳 その3 〜Onmi Focusのアクションをメールで追加〜 – はげログ.as


インターンを終えてから10日ほど経過したので,そろそろインターンでやってきたことをまとめて復習しようと思うのだけど,rejectされた論文の修正やら,列挙学校(HPはTree Algorithmsです)の準備もしないといけないし,なかなか時間が作れないのだけど,結局時間が作れないのもTOXのせいというか激しい現実逃避のせいな気がしている.そろそろ後期もはじまるので,いつまでも遊んでいられないのだけど,TOXのクリアがまだまだっぽい雰囲気があるので,困ったなぁという感じ.今Lv30ぐらいですけど,ラスボスだとLvどれぐらいになるのだろう.丁度周辺を一周してきてイル・ファンに戻ってきたところ.

大学関係では新しい交換留学生の引率についてのメールが届いていた.日程的に初日から行けそうにない,って思っていたけど,後期は研究室セミナーの曜日がズレるので,行けるかもしれない.TwitterのFollowingを少なくしたり,Facebookを使ってみたり,Google+をはじめてみたりしてますけど,結局自分のペースで書いたりサボったりできるBlogがなかなか気に入ってる感じの生活になりつつあります.

研究室日記

[研究室]久しぶりの研究室着弾

久しぶりに研究室に戻ってきました.外部からアクセス出来ないなぁ,と思っていたらPCの電源落ちてました.そりゃぁ無理だ.研究室のiMacにLion入れたり,ようやく普通の慣れた生活になりそう.

長期休暇後なのでいろいろお土産らしき物もちらほら見かけたのだけど,自分も横須賀のお菓子を少しだけ持って登場.もう少しラスクとかあるけど,雨降ってるしカバンに上手く入らないしで置いてきた.自分は中国からの留学生君に中国のお茶的なものを貰って飲んでいた.おいしい.意外とお茶は好きです.あんまり味は変わらないのね.

Dの先輩が先に研究室に来ていたので,研究やら夏休みやらの適当なトーク.なんとなく新しい輪行に道連れにしてみようと提案してみた.

ベイジアンネットワーク入門―確率的知識情報処理の基礎
鈴木 譲
培風館
売り上げランキング: 511378

Probabilistic Reasoning in Intelligent Systems: Networks of Plausible Inference
Judea Pearl
Morgan Kaufmann
売り上げランキング: 120675

確率とか推論あたりの本はどうだろうとトークしていた.上の本は阪大の鈴木譲先生による結構数学寄りのベイジアンネットワークの本.厳密な本で,そういう意味ではいいのだけど,あまりがっつり数学するのもどうかなぁという気分もある.下の本は鈴木先生が上の本を執筆する際に英語で書かれた参考書,ということでおそらく元になっているような本.どちらかを選んで5回ぐらいでつまみ読みするのが良さそう.Amazonの力で
お薦めされたのだけれども,同じPearlさんが書かれた本も少し気になる.

Causality: Models, Reasoning and Inference
Judea Pearl
Cambridge University Press
売り上げランキング: 39026

基本的にこういうことしているとどんどん時間だけなくなっていくのだけれども,基本的に院生は勉強勉強勉強+研究研究研究ぐらいの流れで問題ないか,と考えが変わったので,得に気にしないことにしよう.久しぶりに大学に戻ってきたおかげで地味な事務処理が少し溜っているけど,ようやく日常の生活に戻ってくることができた.

夜中は大学側で先輩方と食事.

ボリュームあるね.
夜中は半分ぐらい作業していたけど,辛くなってきた.明日は研究室旅行で明石へ行きます.その後はまた微妙な生活が続いて9月の終わりには列挙学校で東の方へ.その後戻ってきて福井マラソンの準備など,まだまだイベントが続いていく9月末ですね.なかなか自炊サイクルに戻れないので,またキリのいいタイミングで頑張りますよ.