[講義メモ]認知科学基礎論(4/25)

人を対象にした脳機能測定法についてのお話.
一次信号/二次信号を観測したり,病悩研究したり,してる,らしい.

一次信号
– 脳波(EER) はシナプスの樹上突起への入力電流を見てる.
出力を見てるわけじゃないので,本当の活動とは微妙に差があるかも.
脳波は頭の方(表面)で測定するので,実際はAmpを通さないと.

θ波 < α波 < β波 < γ波

らしい.

- 脳磁図(MER) EERによる磁束の変化とか,たぶんそのあたり.
ニューロンを電線と見て,その周辺の磁場の変化を見てるんだと思われる.
実際はそこにコイルを置いて,誘導電流を測る

事象関連電位
何度かActionを起こして発生した波を加算平均した波のことらしい.
それだと位相が合ってないとダメなので,周波数解析や位相解析も
一般的な手法になりつつあるようだ.

2次信号
MRIとfMRIのことを指す.

機能的磁気共鳴画像(fMRI)
一般のMRIは構造を見てるが,fMRIは機能を見るらしい.
1990年にBOLD法が提案されて以来大活躍,PETさようなら.(そうでもない.
酸化ヘモグロビンと還元ヘモグロビンの比とか,そのあたりのこと.

2次信号の特性
実際は3次信号という説も.
ただしMRIにも限界はある.
PETという手法があった.

レポート
出ました.4/25まで.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です