【講演】技術と経営(自分用メモ)

Date: 2009-10-30 20:46:50 JST
Table of Contents
=================
1 技術と経営
2 初めに談話
3 イントロ
3.1 MTTRF-KRI
3.2 工作機械、古い?レトロ、これからはコンピュータという仮説
3.2.1 機械工学−>工作機械にはいかない 大きくなるとつぶれる?
3.3 バブル崩壊
3.3.1 東大の先生たちの著者&大きい会社の言葉
3.3.2 風向きの変化、2002年、ものづくりの時代
3.4 機械が買えない
3.4.1 リース
4 工作機械
4.1 デザインを具現化する3次元プリンタ
4.1.1 世界で2兆円〜5兆円
4.1.2 いわゆる触媒産業
4.1.3 天然資源ー>工業用の何か
4.2 設計者の考えを具現化する装置
4.3 現代:工程集約
4.3.1 ホブ盤、研削盤、縦型MC、横型MC、旋盤、ボール盤
4.3.2 たくさんを組み合わせると精度が落ちていた
5 俯瞰的経営の流れ
5.1 部分の先だけではなく、全体のシステムを俯瞰的に考える
5.2 マーケティング R&D 製造 営業 サービス
5.2.1 マーケティングが一番重要
6 世界のGDPは伸びていく?
6.1 誰もが認める大不況なので、売れるものは売れている
6.1.1 減ってはいるけど
6.1.2 ?労働分配率 130〜140%
6.2 戦後始めてGDPがマイナス
6.2.1 これは必ず戻ってくる
6.3 GDP数値トリック
6.3.1 日本はドイツの2倍
6.3.2 ヨーロッパ全部でアメリカ
6.3.3 アジア全体で伸びてきている
6.3.4 日本・ドイツ・アメリカはGDP的に別格
6.4 世界で3盤目の地位を大切にしたい
6.4.1 一人値のGDPはバブル以降変わらない
6.4.2 金融危機で吹っ飛んだ国は日本より上の国にばかり
7 世界の人口が2050年に90億人
7.1 つまり1.5倍ほど効率を上げればいい?
7.2 2年後の加工期
7.2.1 エネルギー半分、大きさ半分、高さ半分・・
7.2.2 何がくるのか分からない
7.2.3 2010年から働くと、定年で2050年
7.3 工作機械の消費量推移
7.4 工作機械の中心
7.5 製造業は戻っていく
8 一つの商品しかしていないからこそできる多角化
8.1 地域の多角化
8.2 業種の多角化
8.3 顧客のサイズの多角化
9 どこで作っていたのかのはなし
10 会社は誰のものか
10.1 損益計算書・バランスシート・キャッシュフロー
10.1.1 一番最初:売上高 お客様から
10.1.2 二番目:給料
10.1.3 三番目:サプライヤ
10.1.4 四番目:税金
10.1.5 最後:配当
11 不況時、在庫の処分をいかにするか
11.1 設計と企業のファンクション
11.2 在庫の削減
11.3 現実との違い
11.4 デジタル化、DA-AD
11.5 製作
11.5.1 90年代は6ヶ月単位→00年代は2ヶ月単位
11.5.2 不況の伝達も一瞬
11.6 セル生産
11.7 需要と供給
11.7.1 機会損失 需要 > 供給
11.7.2 在庫ロス 供給 > 需要
11.8 若い学生に向けての談話
12 日本の品質
12.1 商売で嘘をつかない、そして逃げない
12.2 内需の目玉
12.3 外需の批判
12.4 品質のつくりこみ
13 コスト構造
13.1 人件費
13.2 スパン
14 Sometimes 1 + 1 makes more than simply 2.
1 技術と経営
~~~~~~~~~~~~~
2 初めに談話
~~~~~~~~~~~~~
ものづくり いわゆる不況 1/3と赤字
本当に若い人です。
経営:アウトドアスポーツ的?
風のないときには屈強なクルーと船でもダメ
いい組織はこのときに次のいい風に備えて準備している
大学のいいところ:入った瞬間の空気、知的な尊敬の念
難しいものー>簡単なものにしたいという人が迷惑をかけた、金融工学
シンプルではなく、本当に複雑なものをそのままで扱わない
因数分解とはシンプル化ではなく、要素の見える化
間違っていたらはやく変える
シンプルにしてしまうとそれが出来ない。
これが出来ないと迷惑をかける
3 イントロ
~~~~~~~~~~~
3.1 MTTRF-KRI
==============
サンフランシスコ、研究開発用の補助財団
会社のバランスシートは痛まないように貸し出す
3.2 工作機械、古い?レトロ、これからはコンピュータという仮説
=============================================================
3.2.1 機械工学−>工作機械にはいかない 大きくなるとつぶれる?
------------------------------------------------------------—
3.3 バブル崩壊
===============
3.3.1 東大の先生たちの著者&大きい会社の言葉
---------------------------------------------
* 工作機械に代表する低レベル産業が取って代わられる
* 小さい会社の機械はダメだ
3.3.2 風向きの変化、2002年、ものづくりの時代
---------------------------------------------—-
3.4 機械が買えない
===================
3.4.1 リース
----------—
4 工作機械
~~~~~~~~~~~
4.1 デザインを具現化する3次元プリンタ
======================================
4.1.1 世界で2兆円〜5兆円
-------------------------–
4.1.2 いわゆる触媒産業
--------------------—
4.1.3 天然資源ー>工業用の何か
-------------------------------
4.2 設計者の考えを具現化する装置
=================================
4.3 現代:工程集約
===================
4.3.1 ホブ盤、研削盤、縦型MC、横型MC、旋盤、ボール盤
--------------------------------------------------—
4.3.2 たくさんを組み合わせると精度が落ちていた
---------------------------------------------–
* 現代は余剰な精算機械がない、精度も上がる
* 部品の加工精度ー>地球温暖化
5 俯瞰的経営の流れ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5.1 部分の先だけではなく、全体のシステムを俯瞰的に考える
=========================================================
5.2 マーケティング R&D 製造 営業 サービス
==============================================
5.2.1 マーケティングが一番重要
-------------------------------
* カタログなどではない
* 市場・競合・社員・業界・社会・サプライヤ・株主・・・全体を考える
* 得に市場と業界
* 市場の要求なのか?業界の競争なのか
* 管理とファイナンスで取りまとめる
6 世界のGDPは伸びていく?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6.1 誰もが認める大不況なので、売れるものは売れている
=====================================================
6.1.1 減ってはいるけど
--------------------—
* それでも650万の年収、お金を入れて1000万円
6.1.2 ?労働分配率 130〜140%
-----------------------------------–
* これを100%まで削減しても食べていけるよね?
* 働いているの月曜日と火曜日だけの話
6.2 戦後始めてGDPがマイナス
============================
6.2.1 これは必ず戻ってくる
-------------------------–
* 戻ってこないなら最低の仕事でなんとかなるよ
* 農業とかあるし
6.3 GDP数値トリック
====================
6.3.1 日本はドイツの2倍
--------------------—-
6.3.2 ヨーロッパ全部でアメリカ
-------------------------------
6.3.3 アジア全体で伸びてきている
------------------------------—
6.3.4 日本・ドイツ・アメリカはGDP的に別格
----------------------------------------–
* 外需、ドイツは依存90%、日本は高くても70%
6.4 世界で3盤目の地位を大切にしたい
=====================================
6.4.1 一人値のGDPはバブル以降変わらない
----------------------------------------
6.4.2 金融危機で吹っ飛んだ国は日本より上の国にばかり
--------------------------------------------------—
* 結局そのレベルに戻ってくる
今のこのレベルを守りさえすれば
その地位を、そのレベルを離れることはない
7 世界の人口が2050年に90億人
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
7.1 つまり1.5倍ほど効率を上げればいい?
===========================================
7.2 2年後の加工期
==================
7.2.1 エネルギー半分、大きさ半分、高さ半分・・
---------------------------------------------–
7.2.2 何がくるのか分からない
-------------------------—-
* ハイブリット、電気、・・・
7.2.3 2010年から働くと、定年で2050年
---------------------------------------------
* 次の人口90億人時代はすぐ先のこと
* 今の人たちがやらなければならない未来
7.3 工作機械の消費量推移
=========================
下がる、上がる。ただし下がってリストラ出来るわけではない
対極的な中央値はどの程度が見極めなければならない
次に上がったときに対応出来るように
7.4 工作機械の中心
===================
2008年だけで、ASIAが伸びた
しかし累積すると、ヨーロッパだけに45%の機械がある
7.5 製造業は戻っていく
=======================
ASIAだけに偏ると徐々に安くならなくなる
実はアメリカ・アジアだけではない
8 一つの商品しかしていないからこそできる多角化
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
8.1 地域の多角化
=================
いろいろな地域で使ってもらい、地域別変動を抑える
8.2 業種の多角化
=================
エネルギー、車、生産・・・
8.3 顧客のサイズの多角化
=========================
大きい会社、小さい会社で要求が違う
9 どこで作っていたのかのはなし
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
何をお客様に自慢するのか
ものづくり思考の危険性
10 会社は誰のものか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当然お客様のもの
10.1 損益計算書・バランスシート・キャッシュフロー
==================================================
10.1.1 一番最初:売上高 お客様から
------------------------------------
10.1.2 二番目:給料
--------------------
10.1.3 三番目:サプライヤ
--------------------------
10.1.4 四番目:税金
--------------------
10.1.5 最後:配当
---------------—
11 不況時、在庫の処分をいかにするか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11.1 設計と企業のファンクション
================================
企業の責任、社会的使命は技術をよくしていくこと
技術の精密化・高速化は粛々とこなさなければならない命題
自然とかそういうのは市民として当然?
最近は3次元データの活用
11.2 在庫の削減
================
データを以下にうまく扱っていくかが大切
徹底的な無駄の削減
表に出てこない部分が実は大きく変わっていく
11.3 現実との違い
==================
基礎はそのまま使わなければならない
評価が必要
11.4 デジタル化、DA-AD
=======================
部品表、マニュアル、管理をデジタル化
これは物を扱う商売の仕事
経営者の仕事はサイクルと改善の繰り返し
11.5 製作
==========
11.5.1 90年代は6ヶ月単位→00年代は2ヶ月単位
--------------------------------------------------
世の中が変わった、在庫を持たない世の中のシステム
11.5.2 不況の伝達も一瞬
--------------------—-
かといって、3倍のスピードで戻らない
過去最大までは戻らない
過去の10年程度の平均レベルには戻る
11.6 セル生産
==============
実は長く努めていろんなことにチャレンジする人がいい
単能工ではなく多能工
一人一人の賃金と質を保つためのセル生産or多能工
お互いに真似し合うことでwin−win多能工化
11.7 需要と供給
================
ズレと波がある
11.7.1 機会損失 需要 > 供給
------------------------------–
11.7.2 在庫ロス 供給 > 需要
------------------------------–
経営者の仕事の一つ
実際の需要の動きにいかに精密に供給をコントロールするか
平均値はどこなのか、未来予測の設計をどうするか
下の方でする 小さい会社
上の方でする ロスも大きい会社
いかに俊敏に需要の変動をトレースする?
11.8 若い学生に向けての談話
============================
あの時何があったのか?そういうマップもいい
体と精神の成長と世の中の変化のグラフ
12 日本の品質
~~~~~~~~~~~~~~
12.1 商売で嘘をつかない、そして逃げない
========================================
世界で高い評価を受けている
12.2 内需の目玉
================
観光サービス
12.3 外需の批判
================
本田やトヨタが車を売り
キャノンやニコンのカメラがあり
日本製の機械が世界中で作られる
このような何気ないことが安全保障
→あの国とは戦争したくない
→あの国とは仲良くしておこう
12.4 品質のつくりこみ
======================
製品の品質とサービスの品質と営業の品質
人間系の品質が重要
13 コスト構造
~~~~~~~~~~~~~~
13.1 人件費
============
最も売上が良いとき、22%程度
結局人件費を削減出来るのは22%の一部(製造)
人件費の割合が小さい会社では海外進出しても成功しづらい
13.2 スパン
============
長いスパンでみたコスト構造を見極めることで
営業に活きてくる
14 Sometimes 1 + 1 makes more than simply 2.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です