Lang-8でたまに日記を書いても話の展開が分からないのでまとめる。

普段は日本語のブログばっかりな私もLang-8でたまに英語の日記を書いています。
それでもって一つ一つの文は多少辞書を引いたり
もしくは構文や日記用の表現なんかを参考にすればある程度書けるのですが
日本語の話の展開のような言葉がよく分からなくて短い文しか書けません。
(まぁ長い文をたくさん書くような力はないのですが)
たとえば 次に 反対に 〜なので・・・ などの話の展開の言葉を少し知っているだけで
多少変わってくると思うので、いろいろ調べてまとめてみます。
列挙
 first (first of all) ・・・.
 second (secondaly) ・・・,
 third (thirdly) ・・・,
 lastly ・・・.

列挙だけだったら文を順番に書くだけでも大丈夫だなーと思った。
明らかに書くにはこうやって書くのかね、ただあんまり使わないかもしれない。
何かの理由を列挙するときとかに使うのか?
一般論
 有名なのは generally, generally speaking
 もしくは in general
 もしくは as a rule
 などなど。
generally speaking, it is ・・・
具体例
 逆に具体的な例を挙げるために有名なのは for example,
 もしくは for instance
付け加える
 その上さらに moreover, what’s more
 It’s fine today, what’s more, it’s dry.
 どうなんだこれは、ただコンマを使って二つの文をつなぐ
 
 付け加えて beides, in addition, furthermore
 よく使うのはbesides?
似たようなこと
 同様に similarly, likewise
 Similarly he is known all over the world, his son’s name is so. え、正しいのこれ。笑
 言い換えると in other words
逆のこと
 有名なところでは but, yet, however
 似たやつとしては nevertheless
 〜だが・・・ although, even though, though
 とは逆で on the contrary
対比
 対照的に in contrast, by contrast コントラストです。
 〜である一方 while〜
 一方では on the one hand, on the other hand.
要約する
 要約すると in short, in briep
結果
 それゆえに so, therefore, thus
 その結果 as a result, as a consequence, consequently
 結局・・・ after all
などなど。
え、使えるの自分?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です