サーブレット/JSP 二行目:最も基本的なJSP

<html>
<head>
<title>JSP Test</title>
</head>
<body>
<h2>JSPのテスト</h2>
1+1=<%= 1+1 %>
</body>
</html>

アクセス方法

http://localhost:8080/___/test.jsp

___はtest.jsp(上のようなHTMLファイル)が存在する場所
埋め込みの方法は大きく分けて2種類
1.JSPの式 <%= 〜 %>
 〜に書かれたJavaの式の結果が出力される。
 このときセミコロンはいらない
2.スクリプトレット <% 〜 %>
 式ではなく、Javaの複数行のソースコードを埋め込む
スクリプトレットの例

<html>
<head>
<title>JSP Test</title>
</head>
<body>
<%
int count = 0;
for(int i=0; i<10; i++)
count += i;
%>
count = <%= count %>
</body>
</html>

出力用の変数out
 暗黙オブジェクトの一つ
 暗黙オブジェクトとははじめから宣言されているもので、宣言なしで利用できるもの。
 outはサーブレットでのPrintWriterに相当する
outを用いた出力の例

<html>
<head>
<title>JSP Test</title>
</head>
<body>
<%
int count = 0;
for(int i=0; i<10; i++)
count += i;
out.println("count="+ count);
%>
</body>
</html>

日本語の文字化けを回避するためのコンテンツタイプの指定とimport

<%page contentType="text/html; charset=Windows-31J" %>

これはサーブレットでresponseに設定したsetContentTypeと同じように書ける。
また他のパッケージのインポートは次のように書く

<%page import="java.util.*, java.io.*"%>

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です