JavaでPDFを操作する−とりあえず作ってみる−

以前の記事
JavaでPDFを操作する−準備−

JavaでPDFを扱うために
※主に作成する側
 iText
 iTextAsian
の二つを準備しました。
これを利用して次のように書きます。
※最も簡単にHelloと書かれたPDFを作る例

import com.lowagie.text.*;
import com.lowagie.text.pdf.*;
import java.io.*;
public class makePDFTest {
public static void main(String[] args) {
// variable
ByteArrayOutputStream baos = null;
Document doc = null;
OutputStream out = null;
try {
// PDFを作成するためのインスタンス
baos = new ByteArrayOutputStream();
// PDFの外枠、Documentの定義
doc = new Document();
// 二つの関連づけ
PdfWriter.getInstance(doc, baos);
// PDFを開く→要素(Chunk)を追加→PDFを閉じる
doc.open();
doc.add(new Chunk("Hello"));
doc.close();
// 実際にPDFファイルを作成する
out = new FileOutputStream(new File("c:/test.pdf"));
// ファイルへ書き込み
out.write(baos.toByteArray());
} catch (DocumentException e) {
e.printStackTrace();
} catch (FileNotFoundException e) {
e.printStackTrace();
} catch (IOException e) {
e.printStackTrace();
} finally {
try {
out.close();
} catch (Exception e) {
e.printStackTrace();
}
}
}
}

作成結果
test_pdf.jpg いろいろ使えそうですね?
※もう少し詳しく「要素」の概念について考えてみなければ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です