UbuntuをMacOSっぽく その後の作業

前回の記事で残していた、各種バーの設定やFontなど。
これらを設定を頑張って翻訳してやっていきたいと思います。

7.フォントの設定

前回の6.あとがきからの引き続きで作業を進めていきます。

sudo apt-get install msttcorefonts

まずはこのように。何をしているかはちょっと分かりません。
おそらくfont関係の何かでしょう。
おそらく、Yes/Noを問われてから、それなりに時間がかかります。
ここからさらにコマンドが続きます。
まず、フォントをコピーします。
このとき、/home/takiは私のホーム、Mac_filesは前回ダウンロードした所です。
ここは適宜読み替えてください。

cd /usr/share/fonts
sudo tar xvzf /home/taki/Mac_files/Mac4Lin_v0.4/Fonts/OSX_Fonts.tar.gz

081203-03.png
次にフォントの設定でございます。再びコマンドでの動作。

cd /
sudo tar xvjpf /home/taki/Mac_files/Mac4Lin_v0.4/Fonts/fontconfig.tbz -C /etc/fonts

081203-04.png
このように進めましたか?次に毎度お馴染み
 システム→設定→外観の設定
からFontのタブを選択し、フォントを変えていきます。次のようにしてください。
081203-05.png
フォントの設定、終了!

8.終了・最小化・最大化ボタンの編集

端末を用いて次のようにします。

gconf-editor

これで、設定していきます。
081203-06.png
この中から
apps→metacity→general→button_layout
を選択。次のように入力します。
081203-07.png
この設定によって、閉じるや最小化や最大化とアイコンを左右に振り替えます。

9.メニューバーを設定する

どんどん設定していきます。
まず初めに、右上にある電源ボタン、これを消しましょう。
 電源マーク→右クリック→パネルから削除する
です。ついでに、アプリケーションなどの余計なものも消してしまいましょう。
 次に、右クリックからアイテムをメニューバーに追加していきます。
081203-08.png
メインメニューとファイルの検索を追加するとこんな感じになります。
スマートです。
081203-09.png

10.最後の細かな調整?

すいません、少し見出しが思いつきませんでした。
とりあえず、最後の調整っぽいですので・・・頑張りましょう。
まず、globalmenuと呼ばれる謎のものを設定します。何これ?
手順は次のようです。

cd ~/Mac_files
wget http://gnome2-globalmenu.googlecode.com/files/gnome-globalmenu-0.4-svn964.tar.gz
tar zxvf gnome-globalmenu-0.4-svn964.tar.gz
cd globalmenu
sudo dpkg -i *.deb

エラーが発生する場合、最後の行で次の用にします。
私の場合もエラーが発生しました。

sudo dpkg -i –force-overwrite *.deb

私の場合、これでもエラーが発生しました。どうしましょう。
大丈夫、ちゃんと書いてありました。

sudo apt-get install -f

このようにします。これでもう一度–force-overwriteをつけて実行します。
私の場合、これで大丈夫になりました。
さて、メニューバーにGlobalMenuAppletを追加します。
このとき、ログアウトとログインが必要なので、ここで一度保存。
・・・
さて帰って来ました。
端末を立ち上げて見てください。・・・すごいでしょ?
端末のメニューバーがメニューバーに表示されるみたいですね。
ようやく分かりました。
ここで少し設定しておきます。
Globalmenuを右クリック、Preferenceを選択して次の用にしておきましょう。
081203-10.png
さて、次に進みます。
まだMacっぽくなってないところがありますね?
そう、ログイン周辺です。

11.ログイン画面の設定

システム→システム管理→ログイン画面
 ・・・といきたい所ですが、なぜかこの機能が落ちてしまいます。
   仕方なく飛ばします。(追記するかもしれません。)

12.謎の機能の導入

 最後の作業です。

sudo apt-get install screenlets compizconfig-settings-manager

これだけです。しばらく待って終了。
インストールが終わったら
 システム→設定→Advanced Desktop Effects Settings
を選択。次のようなものですね。
081203-11.png
これで、好きなものを追加して遊びます。

13.あとがき その2

疲れました。
とりあえず、これでUbuntuが似非Macになりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です